終戦も…上原 絶好調3者連続三振斬り「見たくない」

[ 2012年10月7日 06:00 ]

<レンジャーズ・オリオールズ>8回に登板し3者三振に抑えるレンジャーズ・上原

ア・リーグ ワイルドカードゲーム レンジャーズ1―5オリオールズ

(10月5日 アーリントン)
 レンジャーズ・上原は1―3の8回に救援して3番C・デービスから始まる中軸を3者連続三振に仕留めた。しかし、チームの敗戦に「自分の100%を出すことはできた。勝てなかったのは残念」と肩を落とした。

 9月を14試合連続無失点で締め、最高の状態でプレーオフに臨んだが、たった1試合の登板で終戦となった。昨季途中まで所属した古巣オ軍の勝利に「見たくない。それよりも、喜んでいるのを見せつけたいぐらいだった」と語った。今季限りで契約が切れるが、故障を乗り越えて、終盤に実力を発揮した右腕を球団がどう評価するか。レ軍の動向次第では、FAとなって移籍先を探すことになる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース