過去の露骨なタイトル争い 計20敬遠も…

[ 2012年10月7日 06:00 ]

99年、敬遠指示にマウンドに涙を流した巨人の上原

パ・リーグ 西武2―1ロッテ

(10月6日 西武D)
 【過去の露骨なタイトル争い】

 ☆全5打席で敬遠 82年、打率.351で打率1位の大洋・長崎と1厘差で追う中日・田尾が10月18日の最終戦で対決。大洋は田尾を全5打席で敬遠し、欠場した長崎が首位打者となった。田尾は5打席目に3ボールから2度空振りして抗議。中日がこの勝利で優勝したため、大洋の敗退行為ではと問題視された。

 ☆計20敬遠 84年、37本塁打で並んでいた阪神・掛布と中日・宇野が10月3、5日のシーズン最後の2試合で直接対決。両軍は2人を2試合とも5打席連続で敬遠し、タイトルを分け合う形に。4日のセ会長による警告も実らず、最終戦終了後には怒った観客がグラウンド上になだれ込んだ。

 ☆涙の敬遠 99年、42本塁打のヤクルト・ペタジーニを巨人・松井が1本差で追う争い。10月6日の直接対決で、ヤクルトが松井に敬遠気味の四球を続けると、巨人も7回に先発の新人・上原にペタジーニ敬遠を指示。この試合で20勝を達成した上原は喜びよりも悔しさで涙を流した。結局ペタジーニが本塁打王に。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース