川端 初3割に望み「でも野村は得意じゃないんです」

[ 2012年10月7日 06:00 ]

セ・リーグ ヤクルト2-4広島

(10月6日 神宮)
 ヤクルトは2点を追う9回裏の攻撃直前に降雨コールドゲームとなり敗戦。それでも川端が3打数1安打で打率を・298とし、レギュラーシーズン最終戦の7日広島戦(神宮)で、7年目で初の3割到達の可能性を残した。

 「意識しますね。良い経験ができている。でも(広島先発の)野村は得意じゃないんです」。小川監督は「きょう(3割)打ったら代えるつもりだった。あしたも打ったら代える。3割は勲章だから」と全面支援を約束した。

 ▼ヤクルト・バーネット(登板なしも33セーブで最多セーブのタイトルが確定)うれしいよ。与えられた仕事を全うできた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース