タイガース 三冠王カブレラ音なし 不安残したクリーンアップの無安打

[ 2012年10月7日 10:31 ]

ア・リーグ地区シリーズ第1戦 タイガース3―1アスレチックス

(10月6日 デトロイト)
 まずは地元で先勝したタイガースだが、リーランド監督は手放しで喜べない様子だった。

 チームが第1戦で打った安打は7本。しかし、クリーンアップは合わせて9打数無安打と音なし。45年ぶり三冠王に輝いた3番カブレラは初回、無死一、三塁で遊ゴロ併殺。1点は入ったものの、チームに勢いは付かなかった。

 4番フィルダーも3回2死一、二塁で二飛。逆転し一気にたたみかける場面での凡退は、デトロイトの地元ファンをがかりさせた。

 第1戦はエースのバーランダーの踏ん張りで勝てたが、2戦目以降は打線の奮起がカギになりそうだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月7日のニュース