桐光 5回コールド勝ち!打線爆発、エース温存

[ 2012年7月19日 06:00 ]

神奈川大会3回戦 桐光学園12―1横須賀大津

(7月18日 俣野)
 桐光学園はエースを温存し、横須賀大津を12―1の5回コールドで下した。

 1番に座った鈴木拓は三塁打2本を含む4安打3打点の大暴れに「自分が出れば点が入る。(試合に)出ていない3年生の思いも背負ってやりたい」と振り返った。野呂雅行監督は「鈴木はいつも出塁してくれる。鈴木だけでなく全体的に甘い球をセンターに返せた」と納得の表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース