メッセンジャー続投裏目 和田監督「踏ん張れなかったなあ」

[ 2012年7月19日 06:00 ]

<神・巨>メッセンジャー続投が裏目に出て引き分けに終わった阪神・和田監督

セ・リーグ 阪神2-2巨人

(7月18日 甲子園)
 阪神は甲子園では13年ぶりとなる巨人3連戦3連敗の屈辱こそ免れたが、勝ち切れなかった。

 6回まで111球のメッセンジャーを続投。その結果、助っ人右腕は7回に坂本に同点打を浴び、和田監督は「バテている感じはなかった。もう1回というところを踏ん張れなかったな」と裏目に出た投手起用に顔をしかめた。今季ワーストとなる借金10の5位で前半戦を終了。指揮官は「まだ何も終わっていない。反撃に出られるようにしていきたい」と後半戦での巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年7月19日のニュース