中犠飛で二塁から生還!東海大相模 足で好投手・黒木攻略

[ 2012年7月19日 06:00 ]

神奈川大会3回戦 東海大相模4―0橘学苑

(7月18日 保土ケ谷)
 東海大相模は好投手・黒木擁する橘学苑を4―0で退けた。

 4回まで毎回走者を出しながら得点に結びつけられなかったが、5回の好走塁が均衡を破った。1死二塁から深い当たりの中犠飛で二塁走者・石川は三塁を回り、一気に生還。「(中堅手の)捕球体勢と自分の足を考えたら本塁を狙えると思った」と迷いはなかった。スキのない走塁に門馬敬治監督も「当然のプレー。こういう練習は入念にしてきた」とうなずいた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース