今江&里崎で序盤一気3点 里崎「いい流れでつないでくれた」

[ 2012年7月19日 06:00 ]

<ロ・楽>2回1死二、三塁、ロッテ・里崎が中前に2点適時打を放つ

パ・リーグ ロッテ4-3楽天

(7月18日 QVC)
 ロッテは難敵の田中から序盤に3点を奪って主導権を握った。2回1死三塁で今江が遊撃への適時内野安打。なお1死二、三塁として里崎も2点中前適時打で続いた。

 リーグトップの防御率1・63を誇る田中から一挙3点。今江は「相手投手がいいので、最初のチャンスで得点できたのは良かった」と話し、里崎も「いい流れでつないでくれたので自分も乗っていけた」とうなずいた。

 ▼ロッテ・岡田(8回2死一、三塁でフェルナンデスの右中間への大飛球をフェンスに激突しながら好捕)ベンチの指示でやや右中間よりに守っていた。捕れて良かった。打てない時は守らないと。

 ▼ロッテ・上野(7回3安打1失点も今季初勝利はならず)自分に勝ちはつかなかったけど、チームが勝ったので良かった。打たせて取ろうと低めを意識して投げた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース