星野監督拙攻嘆く「あんなにミスしてたらアカン」

[ 2012年7月19日 06:00 ]

<ロ・楽>6回を終えて引き揚げる田中を楽天・星野監督(左端)佐藤投手コーチ(その右)が厳しい表情で見つめる

パ・リーグ 楽天3-4ロッテ

(7月18日 QVC)
 楽天・星野監督が終盤の拙攻を嘆いた。7回に1点を返し、なお無死一、二塁で牧田が送りバントに失敗(一飛)。さらに代走の二塁走者・島内も帰塁できず併殺となった。

 続く8回に同点に追いついたものの、試合の流れを断ち切る凡ミス。明治大学の先輩でもある星野監督は「あんなにミスしてたらアカン。(島内は)明治大学として恥ずかしい」と嘆いた。それでも貯金2で前半戦を3位でターン。試合後、指揮官はナインを集めて「まだまだ現状に満足はするなよ」と勝負の後半戦に向けて奮起を促した。

 ▼楽天・田淵ヘッドコーチ(7回の拙攻について)牧田の送りバント失敗も、島内の走塁も話にならん。イージーミス。

 ▼楽天・小山伸(9回に先頭のホワイトセルに四球を与えて降板し、その走者がサヨナラの生還を決めて今季初黒星)先頭の四球はやってはいけない。

 ▼楽天・横川(8回2死一、三塁で代打登場し同点の右前打で今季初打点)打ったのはスライダー。必死でした。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース