ホンダ熊本 初戦敗退「熊本に明るい話題を提供したかった」

[ 2012年7月19日 06:00 ]

第83回都市対抗野球1回戦 ホンダ熊本1―2パナソニック

(7月18日 東京D)
 ホンダ熊本は4回にスクイズで先制したが、失策をきっかけに逆転負け。渡辺正健監督は「細かいミスが重なると点を失う」と反省を促した。

 先発の山中は7回1/3を5安打2失点。指揮官は「それに応えてやれなかった」と肩を落とした。7月に入り、九州地方は大雨で河川が氾濫するなど、熊本県はとくに甚大な被害を受けた。ホンダ熊本も一部の工場が浸水し、チームも悪天候から実戦不足を強いられた。渡辺監督は「地域密着で野球をやっているので、熊本に明るい話題を提供したかった」と初戦敗退を悔やんだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース