阪神・榎田弟 都市対抗デビューは1回無失点

[ 2012年7月19日 06:00 ]

第83回都市対抗野球1回戦 日本新薬1―8JR九州

(7月18日 東京D)
 日本新薬の阪神・榎田の弟・宏樹が5回から3番手でマウンドに上がった。

 「楽しく投げられました。併殺打はゴロを打たせようと思っていたのでうまくいきました」。1死後に内野安打されたものの、続く打者を遊ゴロに仕留めて無失点で切り抜けた。1イニングとはいえ上々の都市対抗デビューを飾った。8日に東京遠征中の兄と食事し、ステーキをごちそうになって大舞台に備えていた。プロ注目のエース中村が3回KO。劣勢の中での登板だったが「長いイニングを任されるようになりたい」と今後の目標を話していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース