東海大浦安・枝主将ランニング弾!野田首相の母校下す

[ 2012年7月19日 06:00 ]

千葉大会4回戦 東海大浦安7―1船橋

(7月18日 習志野市秋津)
 東海大浦安は野田首相の母校・船橋を7―1で下し16強入りを決めた。

 枝主将は4回2死二、三塁から右越えのランニング3ランを放つなど3安打4打点。「(ランニング本塁打は)初めて。チームを引っ張っていこうという気持ちです」と話した。打線が12安打をマークする展開に、森下倫明監督は「枝は言葉や行動でチームを引っ張ってくれる」と信頼を寄せた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース