七十七銀行・相原無念…被災地に朗報届けられず

[ 2012年7月19日 06:00 ]

第83回都市対抗野球1回戦 七十七銀行1―2NTT西日本

(7月18日 東京D)
 七十七銀行の新人右腕・相原の力投は報われなかった。7回1/3を7安打2失点。「自分は三振を取る投手でない」と話したが、1点リードの4回2死一、二塁では粘る北崎に対する10球目。内角に際どいスライダーで見逃し三振を奪った。8三振のうち、見逃しが4個と多彩な変化球と腕が遅れて出る独特のフォームで翻ろうした。

 仙台市を代表して6年連続の出場。昨年の都市対抗は東日本大震災で社員からも犠牲者や行方不明者が出た中で喪章をつけ、複雑な思いで出場し初戦敗退。被災地の思いを背負った今大会も「野球をやらせてもらっているのだから勝つしかない」(上野尚文監督)と臨んだが、初戦で惜敗した。気仙沼市の母校・東陵が避難所となったという相原も「出るだけではダメ」とうなだれた。

 ▼オリックス・古屋英夫国内グループ長(相原について)球速が上がってくれば来年のドラフト上位候補になる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース