都片倉・小田嶋 都立旋風起こす!7回を1失点の好救援

[ 2012年7月19日 06:00 ]

西東京大会4回戦 都片倉3―2東海大菅生

(7月18日 神宮第2)
 背番号3をつけた都片倉のサイド左腕・小田嶋が、チームを8強入りに導いた。先発したエース・金井が2回で降板すると、2番手で一塁からマウンドに上がり、7回3安打1失点(自責0)のロング救援。「そんなに緊張しなかったので、いつも通りに投げられた」と胸を張った。

 東海大菅生とのシード校対決。9回に1点差に詰め寄られながらも逃げ切った。金井の直球に相手打線のタイミングが合っていると判断し、継投策に出た宮本秀樹監督は「金井の球に合うなら、小田嶋の球には合わない。そういう意図です。選手はこういう試合が好き。こいつらが強くなったなと思うとうれしい」とナインを称えた。都立旋風を狙う小田嶋は「4強に入って強いチームを倒したい」と豪語した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース