19歳バースデー登板の歳内、1回2K「楽しかった」

[ 2012年7月19日 19:32 ]

3回に2番手で登板したウエスタン選抜・歳内
Photo By スポニチ

フレッシュオールスター ウエスタン選抜4―0イースタン選抜

(7月19日 ハードオフ新潟)
 阪神のドラフト2位右腕・歳内が大舞台で堂々のマウンドさばきを見せた。3回からウエスタン選抜の2番手として登板。先頭の桑原(DeNA)を速球で捕邪飛に打ち取ると、続く永江(西武)を得意のスプリットで三振。西川(日本ハム)にはファウルで粘られながらも最後は141キロの外角ストレートに空振り三振に仕留めた。

 福島・聖光学院高出身の高卒ルーキーはこの日が19歳の誕生日。「楽しかったです。ベンチにいろいろな人がいて、いつもと違う人たちが守っていたし…とにかく思い切って投げました」。

 1軍昇格へ絶好のアピールとなったが、歳内は「きょうはアピールとかは考えず、全力で投げました。早く1軍に上がれるよう、しっかりやっていきたい」と前を見据えていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース