涌井 守護神継続!先発復帰視野も相乗効果に期待

[ 2012年7月19日 06:00 ]

 西武・涌井が当面の間、守護神を任されることになった。

 この日、北海道から大阪入りした渡辺監督は「本来の真っすぐが戻れば先発に戻そうと思ったけど、今の現状から見ると当面抑えをやることになる」。涌井は防御率こそ5・40だが7月10日のソフトバンク戦(西武ドーム)から3戦連続セーブをマーク。さらに涌井を守護神に据えたことで、7、8回に長田やウィリアムスを固定できるようにもなり「相乗効果が出ている」と指揮官。僅差の中に5チームがひしめく混戦の中だけに、渡辺監督は「抑えはチームの顔。名前で抑えられる部分もある」と期待を寄せていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース