専大松戸粘り勝ち 中堅・永浜ダイレクト返球刺した

[ 2012年7月19日 06:00 ]

千葉大会4回戦 専大松戸2―1四街道

(7月18日 千葉県営)
 専大松戸は四街道相手に2―1と苦しみながら4回戦を突破した。

 左腕・石島は6安打1失点で完投し「とにかく仲間が点を取ってくれるまで粘ろうと思った」と走者を背負いながらも丁寧にコースを突いた。6回1死一、三塁の守備では永浜主将が中飛で本塁を狙った三塁走者をダイレクト返球で刺し、持丸修一監督は「あれは大きかったねえ」と感心していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年7月19日のニュース