リセットした尚成 制球力さえて9球で三者斬り

[ 2012年5月8日 12:42 ]

ア・リーグ エンゼルス8―3ツインズ

(5月7日 ミネアポリス)
 エンゼルスの高橋は7日、ミネアポリスで行われたツインズ戦で5―1の7回から2番手で登板し、1回を三者凡退に抑えた。勝敗やセーブは付かなかった。防御率は8・59。チームは8―3で勝った。

 高橋が4月27日以来の登板で1回を三者凡退に抑えた。本来の制球力がさえて9球で左飛、遊ゴロ、三ゴロ。「自分の投球ができた」と振り返った。

 4月は登板8試合で防御率9・95と低迷。今月3日には中継ぎとして異例のブルペン入りでフォーム修正に取り組んだ。また登板間隔があいたことで「いろいろな考え、気持ちが整理できたのが大きかった」と精神的にもリセットできた。

 ソーシア監督は「(故障者が出て)手薄なブルペンを助けてくれるだろう」と好投を喜んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース