辛島、2勝目ならず…足で崩され「やりにくかった」

[ 2012年5月8日 22:10 ]

パ・リーグ 楽天1-2西武

(5月8日 Kスタ宮城)
 楽天の辛島は機動力で崩された。5、6回の失点はいずれも盗塁で走者を得点圏に進めた後に適時打を浴びた。「走る雰囲気を見せたり、スタートを切られたりとやりにくかった」と悔しそうに話した。

 7回2失点とまずまずの投球だったが、プロ初勝利を挙げた相手から2勝目を手にすることはできなかった。「四球からの失点がもったいなかった。勝負球の高さが悪かった」と反省していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース