ヤクルト館山 ノーヒッターのマエケン抑え月間MVP

[ 2012年5月8日 14:39 ]

3、4月の月間MVPを受賞し、ポーズをとるヤクルトのバレンティン

 プロ野球セ、パ両リーグは8日、3、4月の月間最優秀選手(月間MVP)を発表し、セはヤクルトの館山投手とバレンティン外野手、パは日本ハムの武田勝投手と稲葉外野手が選ばれた。両リーグともに同一チームから選出されるのは2010年3、4月以来。

 館山は3勝0敗、防御率1・85で、ノーヒットノーランを含め同じく3勝したが2敗を喫した広島の前田健を抑えて2度目の受賞。昨年5月以来の受賞となったバレンティンはリーグトップの6本塁打を放ち、打率3割8厘だった。

 7年目で初受賞の武田勝は2完封を含む4勝を挙げ、防御率1・21をマーク。4月28日に通算2千安打を達成した稲葉は、ともにリーグトップの打率3割7分4厘、24打点とリーグ1位タイの4本塁打で5度目の受賞となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース