和田監督 降格の柴田に猛ゲキ「体のキレを取り戻せ」

[ 2012年5月8日 10:58 ]

 阪神の和田監督が7日、開幕後初めて昇降格人事による“刺激策”に踏み切った。柴田と小宮山の出場選手登録を抹消し、今成と田上を合流させた。特に柴田は開幕中堅に起用するなどレギュラー級の期待を寄せていた存在だった。

 「柴田は開幕から一度もいい状態がなかった。これまで入れ替えをほとんどしてなかったけど、活性化していかないといけない。状態のいい者が上(1軍)でやるべき。柴田はもう一回体のキレを取り戻してほしい」

 先の9連戦を1勝6敗2分けで失速。勝率5割も切った。「思うようにいかなかった。反省やチェックはあるけど、悲壮感を持って野球をやる時期じゃない。交流戦に入る時が区切りと思っていたけど、その前にね。勢いをつけて交流戦へ入りたい」。漫然とは待たない。再発進を促す手だては打った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース