そろって受賞のヤクルト勢 館山「まさか」バレ「最高の気分」

[ 2012年5月8日 18:28 ]

3、4月の月間MVPを受賞し、記者会見するヤクルト・館山
Photo By スポニチ

月間MVP

 オフに右手血行障害の手術を受けたヤクルトの館山は、無傷の3勝で一昨年8月以来の受賞となった。「まさか、という感じ。この時期に戻ってこられるとは思ってなかった。本当に野手に取らせてもらったと思う」と驚いていた。

 館山とそろって受賞のバレンティンは「何回もらってもいい。最高の気分」と喜んだ。開幕から好調で、4月20日から4番を任されている。昨季終盤は不振を極めたが、今季は大振りが目立たない。「昨年のことは終わったこと。一生懸命やることだけを考えている」と笑顔で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース