イチ つなぎに徹した2四球 4、5番好調で勝利呼んだ

[ 2012年5月8日 06:00 ]

<マリナーズ・ツインズ>勝利し、チームメートとハイタッチするマリナーズのイチロー(中央)

ア・リーグ マリナーズ5―2ツインズ

(5月6日 シアトル)
 マリナーズのイチローは無安打も、2四球でつなぎに徹した。

 3回先頭、7回2死と、いずれもバットを振らずに四球。得点にはつながらなかったが、後を打つモンテロ、シーガーがともに最近1週間で打率・350以上と好調。エリク・ウェッジ監督も「得点圏に走者を置いて、いい仕事ができるようになってきた」と話す通り、若い4、5番への信頼がメジャー12年目で5度目という2試合連続の2四球という結果に表れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース