岩隈 急な出番に応えて3回1失点!先発昇格見えてきた

[ 2012年5月8日 14:32 ]

タイガース戦の4回から登板したマリナーズ・岩隈

ア・リーグ マリナーズ3―2タイガース

(5月7日 シアトル)
 マリナーズの岩隈は7日、シアトルで行われたタイガース戦で0―1の4回から2番手で登板し、3回を投げて5三振を奪ったが3安打1失点。勝敗は付かなかった。チームは3―2でサヨナラ勝ちした。

 先発ビバンが右肘に打球を受け3回で降板。急きょ出番となった岩隈だったが、4回からの3回を3安打1失点にまとめた。ヒットはどれも当たり損ねの打球。五つの三振を奪い、岩隈は「ゲームをつくることができた。結局勝ちにつながってすごく良かった」と納得の笑みを浮かべた。

 「(登板が)急だと力んだりすることがある。その中で何とかできたのが収穫」。スライダーが抜け気味だったなど万全ではなかったが、まずまずの内容を見せた。ウェッジ監督は岩隈に好印象を抱いたようで「ビバンの肘が明日(8日)どうなるかを見たい」としながらも、岩隈がその代役で先発することについて「可能性はある」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース