宮国 背番号30の先輩・江川氏地元でアピールだ

[ 2012年5月8日 06:00 ]

8日登板予定の巨人・宮国はファンにサインする

 巨人・宮国が栃木のファンに「背番号30」をアピールする。

 8日のDeNA戦(宇都宮)に先発する右腕は「ファンの人が見てくれるのなら、どんどん30番をアピールしたい」。背番号30の大先輩・江川卓氏が作新学院で怪物伝説を築いた地での登板。巨人に入団した際には、江川氏を目標に先発完投型の投手を目指すとの目標も口にしている。1日の広島戦(東京ドーム)でプロ初完封勝利。高卒2年目の2試合連続完封となれば、巨人では66年の堀内恒夫以来46年ぶりだ。この日はジャイアンツ球場のブルペンで35球を投げ込み「江川さんはテンポが良かったと聞いた。自分もテンポ良くゲームをつくりたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース