11打席音なし…青木恨み節「ファウルでもフェアと言ってほしい」

[ 2012年5月8日 12:28 ]

ナ・リーグ ブルワーズ1―6レッズ

(5月7日 ミルウォーキー)
 ブルワーズの青木は7日、ミルウォーキーでのレッズ戦に「1番・中堅」で出場し、4打数無安打だった。内容は左飛、一ゴロ、見逃し三振、右飛で打率2割1分1厘。青木はこれで11打席連続無安打。チームは1―6で負けた。

 3連敗で借金が5に増えたブルワーズと歩調を合わせるように、青木も11打席無安打と元気がない。7回は好機で「打ち損じ」の右飛。バットをたたきつけた1番打者は「一つも仕事ができなかった」と悔しがった。

 1回は一塁線へ打ち返した打球が惜しくも切れ「ファウルでもフェアと言ってほしかった。乗っていけるのに」。5月に入って先発出場が3試合とレネキー監督の期待を肌で感じているだけに「なかなか結果がついてきてくれない」と心底、歯がゆそうだった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース