家族観戦も…上原 古巣での出番はお預け

[ 2012年5月8日 13:21 ]

オリオールズ戦で、出番を待つレンジャーズ・上原(中段左から3人目)。下段はオリオールズの投手陣ら

ア・リーグ レンジャーズ14―3オリオールズ

(5月7日 ボルティモア)
 レンジャーズの上原は、昨季途中まで所属したオリオールズの本拠地オリオールパークで移籍後初の試合。慣れ親しんだ球場には家族が観戦に訪れていたが、この日の登板はなかった。9回にブルペンで肩をつくったが、味方が大量点を追加したため、ほかの投手が代わりに登板した。

 試合前は、ワシントン監督が「上原はとてもフレッシュ。(好投が続いている要因は)高低にスライダーの横変化も加わったこと」と右腕を評価。調子を上げ、出番を待っている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース