8・5福島で復興支援試合 阪神・歳内らが選出候補に

[ 2012年5月8日 06:00 ]

 東日本大震災からの復興支援を目的とした特別試合が8月5日、福島県郡山市の開成山球場で行われることが7日、分かった。12球団から各2人が選抜され、福島県の社会人・学生選抜チームと対戦する。

 当日はセ・パ両リーグともに公式戦を予定しており、選手は2軍中心。東北地方、特に福島にゆかりのある選手を中心に選出される。聖光学院(福島)のエースとして10、11年と2年連続で夏の甲子園で活躍した阪神・歳内らが選出される見込みだ。復興支援の特別試合開催は、3月10日に東京ドームで行われた侍ジャパン―台湾代表戦、社会人選抜―大学選抜戦以来となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース