交流戦までが期限 渡辺監督 中村不振に「このままいったら考えないと」

[ 2012年5月8日 08:43 ]

 西武・中村が4番剥奪のピンチに立たされた。現在24試合、102打席ノーアーチ。スランプが続く主砲について渡辺監督は7日、「4番だから代えづらい」とした上で「だけど、このままいったら考えないといけない」と苦渋の表情で話した。

 剥奪か否か、リミットは今後の5試合。指揮官は「交流戦まで?うん、そんな感じかな」とし、16日スタートの交流戦までに見極めたい考えを示した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年5月8日のニュース