青木 好機に一ゴロ「しっかり振れたが正面を…」

[ 2012年5月8日 06:00 ]

ナ・リーグ ブルワーズ3―4ジャイアンツ

(5月6日 サンフランシスコ)
 ブルワーズの青木が好機で凡退した。

 1点差を追いついた9回、なおも2死二塁で代打に送られたが、相手守護神カシーヤの93マイル(約150キロ)ツーシームを捉えた打球は一塁手の正面を突くゴロ。延長11回の末にサヨナラ負けとあって「しっかり振れたが正面をついてしまった」と悔しさをにじませた。チームも遠征3カード連続で負け越し。本拠地へ戻る7日(日本時間8日)からのレッズ戦へ向け「こういうときは根気良くやりたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース