禁止薬物に陽性反応 モタに100試合出場停止

[ 2012年5月8日 09:14 ]

 米大リーグ機構は7日、ジャイアンツの救援投手モタが、筋肉増強効果のある禁止薬物のクレンブテロールに陽性反応を示したとして100試合の出場停止処分を科したと発表した。

 モタは2006年に薬物規定違反で50試合の出場停止を受けた。今季は9試合に投げて0勝1敗、防御率5・06だった。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月8日のニュース