由規、6回10Kも「力みに変わってしまった」

[ 2011年4月13日 22:06 ]

巨人戦に先発したヤクルト・由規
Photo By スポニチ

セ・リーグ ヤクルト0―3巨人

(4月13日 北九州)
 仙台市出身のヤクルトの由規は6回で10三振を奪う力投も実らなかった。

 「気持ちが入っていた」と東日本大震災で被災した東北への思いを人一倍強くして臨んだが四回、先頭のラミレスと高橋に連続本塁打を浴びた。「試合に入ったら集中するだけ、とマウンドに上がったが、力みに変わってしまった」と悔しがる。三回までは切れの良かったスライダーとカットボールが甘く入った。「失投。変にストライクを取りにいってしまった」と反省した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月13日のニュース