右へ左へ スレッジ3発7ラン!全打点叩き出した

[ 2011年4月13日 17:06 ]

7回、この試合3本目の本塁打となる2ランを放ち迎えられる横浜・スレッジ

セ・リーグ 横浜7―8中日

(4月13日 横浜)
 横浜の助っ人スレッジが一人、気を吐いた。

 1回、1死二塁で右翼席上段への今季第1号2ランを放つと3回にも右翼へ2打席連続の3ラン。7回には左翼に技ありの一発でチームの全7得点を叩き出した。横浜では2004年の多村(現ソフトバンク)以来となる1試合3本塁打。9回の一打サヨナラの場面では打席が回らず「当然、自分に回ってこいと思っていた。残念としか言いようがないよ」と話した。

 日本ハムから移籍2年目を迎え、守備にも慣れてきた助っ人は「次に繋げようと思い、遠くへ飛ばす事を心掛けました。結果が出て良かったです」とチームの敗戦に喜びは控えめだった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月13日のニュース