西武、2回一挙4点 打線爆発で8―3!開幕連勝

[ 2011年4月13日 19:01 ]

2回西武無死一、三塁、浅村が左中間に2点二塁打を放つ。投手ウルフ

パ・リーグ 西武8-3日本ハム

(4月13日 札幌ドーム)
 前日、ダルビッシュを攻略して勢いに乗る西武は帆足、地元で連敗できない日本ハムは2年目のウルフが先発して開幕カード第2戦が始まった。

 先手は西武。中村四球、フェルナンデス左中間二塁打で無死二、三塁とすると、ブラウンが中前に運び1点先制。続く浅村が左翼・中田の頭をはるかに越えるフェンス直撃の二塁打で2人が還り3点目。浅村は「まっすぐです。最低でも内野ゴロで1点が入る場面だったので、ランナーを絶対還そうと打席に立ちました」と振り返った。

 そして銀次朗が送った後、ルーキー秋山がプロ初安打となる中前打を放ち4-0。「無死二塁で銀さん(銀仁朗)が送ってつくってくれたチャンスを逃したくなかった。第1ストライクの初球から打ちにいけたのは良かった」と秋山は話し、初安打、初打点にも「良い雰囲気の中で打席に立つことができたチームの皆さんのおかげ」と謙虚に振り返った。

 西武は、前日同様、日本ハムの先発を攻略して優位に立った。その裏、日本ハムもホフパワーの1号で1点を返した。

 西武は3回にもブラウンと秋山の適時打で2点、5回にも浅村、銀仁朗の連続二塁打で1点を加えた。銀仁朗はうれしい今季初打点に「シュートです。シーズンが始まる前に今年は下位打線でチャンスをつくれと言われたので、結果が出せて良かった」と話した。6回にもフェルナンデスの中犠飛で8点目、試合を決めた。

 西武・帆足は6回2/3、2失点で交代したが、後を受けた長田、松永、藤田が日本ハム打線を抑えて連勝した。試合後、渡辺監督は「打線が調子いい。2死から点が取れたのが大きい」と話し、ルーキー秋山についても「自分でつかんだレギュラー。いいスタートを切れてよかった。相手には嫌な存在になりそう」と頼もしそうだった。

 ▼西武・フェルナンデス 全てのことにポジティブに考えていればうまくいく。(2安打に6回中犠飛で追加点)

▼日本ハム・ウルフ バットを折った当たりがヒットになったり不運なところもあった。ただ、ランナーがたまったところでヒットを打たれて大量点に結びついてしまったのは反省点。次の登板に向けてしっかり調整したい。(4回2/3で7失点KO)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月13日のニュース