東野「正直意識した」大記録は逃すも大役果たした

[ 2011年4月13日 06:00 ]

<巨・ヤ>6回2死二塁、田中浩から三振を奪い吠える東野

プロ野球 セ・リーグ 巨人9-2ヤクルト

(4月12日 宇部)
 7年目で自身初の開幕投手を務めた巨人の東野が7回先頭の浜中に中前打を許すまで、ノーヒットノーランの快投。最速146キロの直球、スライダーで外角が広いストライクゾーンを巧みに使った。

 初安打を浴びた7回に一気に4安打2失点で降板。「6回の終わりぐらいで(無安打無失点を)正直意識した」と苦笑いを浮かべた。東日本大震災では故郷の茨城県鉾田市も震度6強に見舞われ、「家族や友達のみんなが避難している中、野球をやってていいのかと何回も思った」と?藤の日々もあった。その中で家族に「野球で勇気づけて」と電話で励まされ、開幕前夜も「普段通り頑張って」とメールを受け取った。この日の試合前練習ではマウンドに黙とうをささげた。「チームが勝って良いスタートを切れて良かった」。特別な白星に安どの息を吐き出した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年4月13日のニュース