打線の奮起で苦しみながら初白星 落合監督「こんなもんだろ」

[ 2011年4月13日 18:22 ]

セ・リーグ 中日8-7横浜

(4月13日 横浜)
 中日が点の取り合いを制して今季初勝利を挙げた。先発の中田賢はスレッジに2発を浴びるなど6回6安打5失点。「しっかり投げ切れていない。カウントを悪くして、甘い球を本塁打にされてしまった」とうなだれたが、打線に助けられて1勝目を手にした。

 2回、井端の適時打で4―2とした後、2死一、三塁から和田が左前へ抜ける適時打でリードを広げた。4回には先制打の森野が右中間へ1号ソロ。和田が「まあ、投手にとっては初めてだからね」と言えば、森野も「投手が落ち着くまでは、僕たちが打っていかないと」。最初の登板で緊張もある先発投手を援護する気持ちは一緒だった。

 「何より1勝を挙げたことが大きい」と和田。落合監督は「こんなもんだろ。選手もだんだんと慣れてくる」と静かに話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月13日のニュース