宮城で被災した浜口くん 避難先の大阪で始球式

[ 2011年4月13日 06:00 ]

<オ・ソ>始球式・浜口蒼くん

プロ野球 パ・リーグ オリックス2-2ソフトバンク

(4月12日 京セラD)
 東日本大震災で被災者となった浜口蒼くん(8)が京セラドームで始球式を務めた。宮城県名取市で被災。大津波の影響で自宅は流されたため、現在は大阪市内で避難生活を続けている。今月8日からは大阪市西成区の南津守小学校に転入。この日の始球式ではソフトバンクの川崎を相手に投じたこん身の1球はツーバウンドで捕手のミットに収まった。「楽しかったけど緊張しました。これからもオリックスを応援したい」と笑顔だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月13日のニュース