6回3失点で石川肩落とす「意気に感じたが…」

[ 2011年4月13日 06:00 ]

<巨・ヤ>4回2死一、二塁、坂本に適時二塁打を浴びガックリの石川と相川(左)のバッテリー

プロ野球 セ・リーグ ヤクルト2-9巨人

(4月12日 宇部)
 4年連続開幕投手のヤクルト・石川が6回3失点で、昨季に続き巨人相手に黒星を喫した。3回に自身の失策が絡んで先制点を与え「開幕投手を任されて意気に感じたが、僕の失策から点をやってしまった」と肩を落とした。

 また、守備陣も8回1死満塁で長野の飛球を捕球しようとした日高、田中、ホワイトセルが交錯。2者の生還を許すなどミスが目立った。小川監督は「切り替えて頑張るしかない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年4月13日のニュース