五十嵐 昇格即登板も結果残せず「焦りもあった」

[ 2011年4月13日 06:00 ]

ナ・リーグ メッツ6-7ロッキーズ

(ニューヨーク)
 前日に傘下3Aバファローから緊急昇格したメッツの五十嵐が合流即、今季初登板を果たした。2点リードした6回1死一、三塁のピンチでマウンドに上がると、四球を与えて満塁に。続く打者を投ゴロに打ち取ったが、捕手への送球がそれたため一塁は間に合わず併殺を取れなかった。直後、ゴンザレスに同点の2点適時打を許した。

 現在、チーム防御率はナ・リーグ16チーム中15位の5・30と低迷。中継ぎ陣が不振で、起爆剤として昇格を勝ち取った右腕だが、チームも敗れ「(送球は)ボールをしっかり握れていなかったし、焦りもあった。チャンスをもらったのに…。結果が全てです」と唇をかんだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月13日のニュース