マートンが連日の活躍 先頭弾の翌日は勝ち越し打

[ 2011年4月13日 21:05 ]

セ・リーグ 阪神2―1広島

(4月13日 甲子園)
 阪神のマートンが前日の先頭打者本塁打に続き、貴重な一打を放った。同点の五回1死三塁。篠田の高めの球を右前に強くはじき返し「2打席目は引っかけてしまったので、センター方向を心掛けていた」と勝ち越し打を喜んだ。

 試合前に日本語で「ゼッコウチョウ」とおどけるほど体調がいい。来日2年目の1番打者は「昨年の経験があるので、どう準備したらいいのか分かるのが大きい。ただ、まだ始まったばかり」と気を引き締めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月13日のニュース