横浜 地震で“念のため”試合2分中断

[ 2011年4月13日 06:00 ]

プロ野球 セ・リーグ 中日4-5横浜

(4月12日 横浜)
 4回に中日・グスマンの逆転3ランが出た直後、強い揺れが球場を襲った。続くブランコに初球が投げられたところで中日ベンチから和田が飛び出して試合が一時中断。審判団と横浜側が協議して、揺れが収まった2分後に再開された。

 「震度3でそこまで大きくなかったので続けた」と試合管理人の横浜・笹川博史取締役。渡田球審は「前もって地震の時は中断と決めていたので、まず試合を止めました」と説明した。試合後も尾花監督の囲み取材中、緊急地震速報を伝えるアラーム音が鳴り響くなど余震が続いた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月13日のニュース