福島出身の鈴木 盗塁だ安打だ「元気な姿見せられた」

[ 2011年4月13日 06:00 ]

プロ野球 セ・リーグ 巨人9-2ヤクルト

(4月12日 宇部)
 福島県相馬市出身の巨人・鈴木は、1点差とされた7回無死一塁、ラミレスの代走で出場すると高橋の初球に二盗。8回の今季初打席では右前打した。

 「ここが勝負というところで出たと思うし、いいスタートが切れた」。試合前は内海、ヤクルト・増渕、村中と募金活動。球団が震災で福島などから宇部市に避難している20人を球場に招待しており「元気な姿を見せられた。精いっぱいのプレーを見せ続けたい」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年4月13日のニュース