×

錦織 2時間45分の熱戦も…2季ぶりの決勝逃す シティ・オープン

[ 2021年8月9日 05:30 ]

2季ぶりの決勝進出を逃した錦織(AP)
Photo By AP

 テニスのシティ・オープンは7日、米ワシントンで行われ、男子シングルス準決勝で錦織圭(日清食品)はマッケンジー・マクドナルド(米国)に4―6、6―3、5―7で敗れ、ツアー大会で2季ぶりの決勝進出はならなかった。2時間45分の熱戦の末に惜敗し、「自分が悪いというよりは彼(マクドナルド)が凄く良かった」と脱帽した。肩に痛みがあり、サーブで思うほどのスピードが出なかった。特にセカンドを叩かれる場面が目立ち、錦織は「大事なところでファーストが入ってくれなかった」と悔やんだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月9日のニュース