×

松山英樹 63の猛チャージも東京五輪に続きプレーオフで敗退 米男子ゴルフ

[ 2021年8月9日 08:22 ]

米男子ゴルフ 世界選手権シリーズ フェデックス・セントジュード招待最終日 ( 2021年8月8日    テネシー州TPCサウスウインド=7233ヤード、パー70 )

4番、ショットを放つ松山(AP)
Photo By AP

 14位から出た松山英樹(29=LEXUS)は7バーディー、ボギーなしの63の猛チャージで通算16アンダーの1位でホールアウト。サム・バーンズ(米国)、アブラム・アンサー(メキシコ)とのプレーオフに進んだが、2ホール目で敗れた。

 1ホール目はバーディーパットがカップに蹴られパー。2ホール目もバーディーチャンスをものにできず、バーディーのアンサーに優勝を譲った。

 松山は東京五輪で銅メダルをかけた7人のプレーオフで惜敗ており、2試合連続プレーオフで涙をのんだ。

 木下稜介は通算1アンダーで43位だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月9日のニュース