×

男子ケイリン・脇本、集大成の7位 そして引退へ「競技のレベル向上をサポートしていきたい」

[ 2021年8月9日 05:30 ]

東京五輪第17日 自転車・男子ケイリン ( 2021年8月8日    伊豆ベロドローム )

 男子ケイリン順位決定戦 力走する脇本雄太(手前)=伊豆ベロドローム
Photo By 共同

 男子ケイリンで、20年世界選手権銀メダルの脇本雄太は7位だった。

 準決勝ではラスト1周で前輪が接触し、2組5着で決勝進出ならず。「決勝のつもりで全力を出して頑張った」という7~11位決定戦は1着で締めた。

 「集大成は見せられた。悔しさはない」と振り返り「僕自身は(ケイリンは)引退するつもりだが、自転車競技のレベル向上をサポートしていきたい。自分が経験したことを全て伝えられたら」と今後について語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月9日のニュース