×

湿度が原因か? 男子マラソン 106選手中30人が棄権 前回リオの15人から大幅増

[ 2021年8月9日 05:30 ]

東京五輪第17日 男子マラソン ( 2021年8月8日    札幌大通公園発着 )

午前7時に予定通りにスタートした男子マラソン(AP)
Photo By AP

 男子マラソンは106選手が出場し、12年ロンドン大会優勝のキプロティク(ウガンダ)ら30人が棄権した。前回リオ大会は155人のうち棄権は15人で、割合は大幅に増えた。

 午前7時のスタート時が気温26度で湿度80%、トップがゴールした午前9時すぎは28度、72%。会場を札幌に移したものの“効果”は薄く、日本陸連の河野匡長距離マラソンディレクターは「湿度があったので選手たちにとっては走りやすい環境ではない」と分析した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月9日のニュース