×

梶原悠未が「歴史的」銀メダル 自転車「オムニアム」のルールをもう一度おさらい

[ 2021年8月9日 05:30 ]

東京五輪第17日 自転車・女子オムニアム ( 2021年8月8日    伊豆ベロドローム )

レース後、銀メダルを獲得し笑顔の梶原悠未(ロイター)

 自転車トラック種目の女子オムニアムで、20年世界選手権女王の梶原悠未(ゆうみ、24=筑波大大学院)が銀メダルを獲得した。自転車の日本女子で五輪の表彰台に立つのは史上初。4種目の合計点で競うレースで、第3種目の苦手エリミネーションで2位と奮闘。最後のポイントレースでは転倒したが、総合2位を守った。五輪に憧れ続け、競泳から自転車に転向した決断が地元五輪で花開いた。

 【自転車競技のQ&A】
 Q オムニアムってどんな競技?
 A 自転車トラックの複合種目で1日に4つのレースを行い、合計得点を争います。

 Q どんなレースをこなすの?
 A スクラッチ、テンポレース、エリミネーション、ポイントレースの4種目です。

 Q スクラッチは?
 A 多数の選手が一斉スタート。男子10キロ、女子7・5キロを走行して順位を争います。

 Q テンポレースは?
 A 男子10キロ、女子は7・5キロで行われ、4周回終了後から周回ごとに先頭の選手に1点。周回遅れにすると20点獲得。獲得した得点で順位を決めます。

 Q エリミネーションってどういうレース?
 A 2周回ごとに最下位の選手が脱落するサバイバルで男子25キロ、女子20キロで争います。

 Q 最後のポイントレースは?
 A 男子は25キロ、女子は20キロで、10周(2キロ)ごとにポイント(1位5点、2位3点、3位2点、4位1点)が与えられ、周回遅れにすると20ポイント。このレースのみ得点がそのまま加算されます。毎回2キロ付近で激しい競り合いが行われます。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年8月9日のニュース