初の地方開催 金沢で「スポーツ文化ツーリズムシンポジウム」、600人が来場

[ 2020年1月18日 17:25 ]

「スポーツ文化ツーリズムアワード2019」表彰式の模様
Photo By スポニチ

 スポーツ、文化、観光の3庁が連携し、新たな地域振興とインバウンド活性化施策を考える「第4回スポーツ文化ツーリズムシンポジウム」(特別協力・金沢市、日本スポーツツーリズム推進機構)が15日、石川県金沢市文化ホールで行われた。

 同シンポジウムは3庁の政策連携による相乗効果で、新たに生まれる地域ブランドや日本ブランドを確立・発信し、訪日外国人観光客の増加や、国内観光の活性化を図ることを目的に今回初めて地方開催となった。同市には2018年7月に地域スポーツコミッションとして「金沢文化スポーツコミッション」が設立され「スポーツ×文化×観光」に対する気運が高まっており、県内外から約600人が来場し盛況となった。

 文化庁の宮田亮平長官、観光庁の田端浩長官、スポーツ庁の瀧本寛次長(鈴木大地長官はインフルエンザで欠席)が登壇したトークセッションでは「スポーツ×文化×観光が、日本を磨く。金沢を磨く。」をテーマに、3庁連携による新しいスポーツツーリズムの未来や、国内外の事例紹介、そして今注目を集める武道ツーリズムについて語り合った。

 その後、「スポーツ文化ツーリズムアワード2019」の表彰が行われ、「スポーツ文化ツーリズム賞」(2団体)、「スポーツツーリズム賞」(2団体)、「文化ツーリズム賞」(2団体)で計6団体が受賞した。各賞と受賞団体は以下の通り。

 ▽「スポーツ文化ツーリズム賞」
 【栃木県】日光国立公園マウンテンランニング大会(日光トレイルランニング実行委員会)
 【東京都・全国】剣道体験ツアー<SAMURAI TRIP>(剣道体験ツアーSAMURAI TRIP/運営・パークフォーアス)

 ▽「スポーツツーリズム賞」
 【新潟県】魚沼国際雪合戦大会(小出雪まつり実行委員会)
 【石川県】白山ジオトレイル(白山ジオトレイル実行委員会)

 ▽「文化ツーリズム賞」
 【三重県】忍びの里「伊賀」ならではの本物の忍びの「心技体」を体現できる体感プログラムづくり(「忍びの里 伊賀」創生プロジェクト会議)
 【全国】「めぐる、たべる、つかる」ONSEN・ガストロノミーツーリズムで地域を元気に!」(一般社団法人ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース