照強 悔し初場所1敗 阪神大震災当日淡路島で生誕、特別な日飾れず

[ 2020年1月18日 05:30 ]

大相撲初場所6日目 ( 2020年1月17日    東京・両国国技館 )

豪快に塩をまく照強(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 阪神大震災の発生当日に淡路島で生まれた照強は、今場所初めて土がついた。徳勝龍の懐に入って出ようとした瞬間に引き落とされ「もう少し当たれていたら」と無念そう。

 午前5時46分の地震発生時刻に合わせ、いつもより1時間半早く起床して黙とう。「ケガなく相撲を取れている。(犠牲者に)これからも見守って」との思いを込めたそうで、「来年も幕内、三役で取れたら」と前を向いた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース