松島幸太朗 “Wフェラーリ”福岡へ毒舌エール「パナソニックとやる時は助かります」

[ 2020年1月18日 17:40 ]

ラグビー トップリーグ第2節   サントリー22―10NTTコム ( 2020年1月18日    東京・秩父宮ラグビー場ほか )

<サントリー・NTTコニュニケーションズ>後半、突進する松島幸太朗(右から3人目)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 サントリーはNTTコムに22―10で勝ち、今季初勝利を飾った。15―10の後半19分にはFB松島幸太朗のラインブレークを起点にパスワークからWTB中鶴隆彰が右隅トライ。試合を決定づけた。

 W杯日本大会では、松島は7人制で東京五輪を目指すパナソニックWTBの福岡堅樹と両ウイングバックで“Wフェラーリ”の異名を取った。この日の試合を最後に7人制に再転向する福岡に対し、「パナソニックとは(福岡が)いない時にやるので、その分、助かります」とニヤリ。「(7人制に)“来いよ”と言ってくれているが、自分の中で何を優先するか。今のところは微妙かな」と見通しを語り、東京五輪でのWフェラーリ再結成の可能性は薄い。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年1月18日のニュース